クラウド会計導入支援


 MFクラウドを導入することで、経理業務の効率化や会計データのリアルタイムな共有を行うことができます。クラウドの初期設定、使い方、入力方法など御社にあった活用方法など導入についての全般をサポートさせていただいております。

 

【クラウド会計とは】

 従来までの会計ソフトは、ソフトウェアを購入してそれを会社のパソコンにインストールすることで利用ができました。

 これに対しクラウド会計ソフトは、ソフトウェアそのものを購入するのではなく、サービス提供会社に対して使用料を支払うことで、インターネット経由で利用できる会計ソフトのことを言います。

 

【クラウド会計ソフトのメリット】

・いつでもどこでも使える

 クラウド会計であれば、インターネット環境とウェブブラウザさえあれば、いつでもどこでも利用できます。なぜなら、プログラムもデータもインターネット上に保存されており、IDとパスワードがあれば使えるようになっているからです。自分のパソコンでなくとも、ネットカフェのパソコンなどでも作業が可能です。

 

・税理士とデータ共有しやすい

 自分で税金を申告する場合はさておき、決算時には税理士事務所に依頼することが多いと思います。このとき、自身で作成した会計データを税理士と共有する必要がありますが、クラウド会計ソフトだと便利です。常に、最新のデータがインターネット上に保存されているため、データを送り合ったり、USBメモリなどで渡すといった手間がかからないのです。※税理士と同じ会計ソフトを使っている場合の話

 

・つねに最新のソフトを利用できる

 クラウド会計であれば、最新のプログラムを常に利用できます。パッケージソフトなどの場合は、不具合の修正や機能追加があった場合、手作業でアップデート(インストール)する必要がありました。この手間がなくなります。

 従来までの会計ソフトは、一度インストールしてもその後バージョンアップがされるとその都度ソフトを購入してインストールする必要があり、手間とコストが余分にかかっていました。

 これに対し、クラウド会計ソフトの場合は、つねに最新の会計ソフトを利用でき、バージョンアップした場合についても、特に会社のパソコンにインストールする必要がありません。

 つねに、クラウド上にある最新の会計ソフトを利用できるので、たとえ会社のパソコンを買い換えたとしてもインターネットにさえ繋げば問題なく利用することができます。

 

・銀行口座やクレジットカードとのデータ連携

 銀行口座の入出金やクレジットカードの利用履歴などを、会計ソフトに入力する手間は、経理業務の中でもかなりの割合を占めていることと思います。

 クラウド会計ソフトは、ネットバンキングやカード会社のデータと自動的に連携できるよう設定が可能です。よって、入出金や利用履歴については自動で会計ソフトに反映されるため、入力するという業務が丸ごと削減できます。

 

・安心のバックアップ

 クラウド会計ソフトに入力したデータは、会社のパソコンではなく、クラウドサーバーに保管されます。従来型の会計ソフトを使っている場合、万が一の時のために、データをUSBメモリなどの外部記憶媒体にいちいち移し変えなければならず、またそれを保管、管理する手間も発生します。

 これらの手間が、クラウド会計ソフトを導入することですべて解消します。

会計データについても、パソコン本体ではなく、クラウドサーバー上にバックアップされるため、万が一会社のパソコンが故障したり、ウイルスに感染したりしてもデータを失う心配はありません。